彼女を作りたい男が彼女を作れるように

彼女の作り方マニュアル

腕相撲が強くなりたい人がやるべき筋トレ方法とコツ・テクニックを大公開!

 
腕相撲で勝つためのテクニック・コツを解説!

この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

理想的な彼女を作る恋愛の答え

「ブログ×Twitter×YouTube」

で毎日情報発信してます。

 

「好きな女性を狙って落とす・非モテからモテる男になる」
ための本当のテクニックをこっそりと暴露中!!

 

特にTwitterでは

「ブログ最新情報+個別恋愛相談(不定期で生配信も)+恋愛豆知識」

をつぶやいているので、

結局のところ、恋愛って何すれば良いの…?

という方はフォローするだけで

恋愛力が高まるかも!?

 

ナナシ@プロの恋愛指導者

この記事を書いている人 - WRITER -

 

理想的な彼女を作る恋愛の答え

「ブログ×Twitter×YouTube」

で毎日情報発信してます。

 

「好きな女性を狙って落とす・非モテからモテる男になる」

 

ための本当のテクニックをこっそりとガチ暴露中!!

 

特にTwitterでは

 

ブログ最新情報個別恋愛相談(不定期で生配信も)+恋愛豆知識

 

をつぶやいているので、

 

結局のところ、恋愛って何すれば良いの…?

 

という方はフォローするだけで

恋愛力が高まるかも!?

 

 

ナナシ@プロの恋愛指導者(編集長)

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛専門家ナナシ
恋愛専門家のナナシです。 ブログを通して、彼女の作り方を教えていきます!

どうも!腕相撲通算200勝はしているナナシです!

僕は生粋のアームレスラーとイカれた柔道家以外に全勝しています!

「力比べの王道である腕相撲」

やはり男に生まれた以上「勝ちたい!強くなりたい!」って人は非常に多いです!

「友達に腕相撲で勝ちたい」「飲みの席で挑まれたら返り討ちにしたい」

こう思う男性に向けて今回の記事を書いています!

ナナシ

 

トレーニングをしている者同士では「ベンチプレス」を何キロ上げれるかで、お互いのレベルがわかるモノですが素人同士ではそうはいきませんよね!

そこで一般的にも「腕っ節の強さの示す方法」として「腕相撲」がよく使われています!

 

「おい!俺と腕相撲やろうぜ!!」

 

なんて微笑ましい光景はどこでも見るし、男に生まれたなら一度は経験したことあるのではないでしょうか?

しかしその腕相撲で「負ける」ということは相手に「こいつは格下だな」と思われるも同然なんです!

非常に屈辱的ですよね!

僕も負けた時は「死にたくなるほど悔しかった」記憶があります!

男としては腕相撲には絶対に負けたくないんですよね!

 

逆に腕相撲で勝つと「腕相撲でしか得られない優越感」に浸る事ができ、それが最大の魅力です!

 

「俺はこいつより強い」と思うことは、男が生まれながら持つ「自分の実力を認めさせるという本能的な欲求」を満たしてくれているんです!

これは「腕相撲の勝者にしかわからない気持ち」ですが、

男に生まれたなら「SEXと同じくらい味わっておくべき快楽」だと思っています!!

 

「現代社会で腕っ節なんて使い道ないし無駄やろ」って言ってるインテリ系の男子はその考えを見直す事をお勧めします!

なぜなら「自分の知っている知識を知らない人に披露する」ことが気持ちいいのは知ってますよね?

その気持ちよさの数倍「腕っ節で得た快楽は気持ちいい」とどちらも経験している僕が断言するからです!

 

更に知識より腕っ節の方が「本能レベルで女を落としやすい」副産物もついてきます!

インテリ系男子はこれを機に筋トレを始めてみるのも悪くない判断だと思いますよ!

関連記事:筋トレすれば絶対にモテる!「9つの最強メリット」を知り筋トレ人生を謳歌しよう!

 

この「勝利」という「SEXの快楽級」の気持ちよさを味わうために勝つための努力をしてもらいます!

まず理解して欲しいのが、特に一般人同士の戦いは「コツやテクニックより純粋なパワーの差」が大きく影響するってことです!

もちろん、テクニックやコツも重要なんですが「パワーに大きな差」があれば全く通用しない事が多いです!

楽して強くはなれないんですね~

 

プロのアームレスラー達はみんな鍛えているのでパワーに大きな差が生まれにくくテクニック勝負になる場合もあります。

同様に素人同士でも「お互いに鍛えていない」場合、コツやテクニックありきの勝負になり「やすい」です!

確かに「なりやすい」けど「ならない場合もかなり多い」ってのが現状で、鍛えていない場合は「体格差」「生まれつきの筋量」「学生時代にやっていた部活」次第で不利有利の差が大きく生じててしまいます!

だからせっかく身に付けた「テクニック」が全く通用せず、「勉強したのに負ける」という屈辱を受ける可能性が高くなるというわけです。

勝てると思っていた分ダメージも大きくなりますよね・・・

 

そうならないためにもまずは「純粋なパワー」で大きな差を作られないようにし、それから「テクニックを磨く」という順番がベストだと考えます。

それに逆に言うと、素人同士の戦いであれば「意識して腕相撲用のトレーニング」をしていれば「無双状態」になります!

腕相撲のトレーニングは意識すべき点が普通のトレーニングとは違うし、腕相撲用のトレーニングってあまり世間に知れ渡っていないのでやっている人も少ないんですよね!

「腕相撲用のトレーニングを続けると圧倒的に強くなる」

というのをモチベーションに頑張りましょう!o(・ロ・)○

 

<嘘偽りなしの僕が着るだけで細マッチョになれたヤバい商品教えます【ガチ体験談】>

本題に入る前に1つ!

腕相撲の強さにも関わる話だから、ちょっとだけ聞いて欲しい。

ナナシ

それは筋トレマニアの友人に「これ使い勝手がいいぜ?」とオススメされた最近流行りの「加圧Tシャツ」の話!

加圧Tシャツなんて嘘くさいな?

と思いつつ、小学生時代からの信頼できる友人からの紹介という事もあり、実際に買ってみたところ、加圧の効果で筋肉が引き締まって超楽しててもイケメンの腹筋になったw

最初は怪しいから黒Tシャツ1枚だけ試してみたんだけど、効果はガチ!

もし過去の自分にアドバイスするなら「2枚セットがお得だからそっちにしろ!」って言うw

筋トレで細マッチョになる方法

引用:加圧Tシャツ公式運営サイト「SASUKE」

筋トレしたくないけど、細マッチョになりたい人に本当にオススメです。

僕はこのTシャツに出会うまで無駄な努力をしていたんだと落ち込んだし、知ったからにはもう手放せない最高の相棒です!

※人気商品過ぎて在庫がすぐ無くなるので気になる人は早めにチェック!

 

腕相撲強くなるならこの筋トレを徹底しよう!

1位:懸垂

2位:リストローラー

3位:アームカール

4位:ベンチプレス

5位:握力グリッパー

 

これらをやり続ければ必ず強くなります!

根拠はボクです!

正しいやり方はググればいくらでも出てきます!

特に「懸垂とリストローラー」はやればやるだけ強くなるのでオススメ!

 

目安として僕の場合

  • 順手懸垂・逆手懸垂合計100回 3日に1回
  • リストローラー 2.5kg8~10回(限界まで) 毎日
  • アームカール 40kg×3
  • ベンチプレス MAX120kg
  • 握力 右65kg左60kg

って感じです!

 

ボクの場合中学生の頃からずっと独学でトレーニングを続けていたので「そこそこ」できますから初心者の方が簡単に達成できる量ではありません!

しかし数値が低くても「やってない人よりはやってる人の方が強いのは確か」なので

数字は気にせず、自分が毎日続けれる量をこなしていくのが最善の選択です!

 

少しでもやると強くなれる理由は「神経系のつながりが良くなり力を発揮しやすくなるから」です!

わかりやすくいうと「やってない人は本来の70%」しか力が出ないけど「少しでもやれば本来の100%」の力が発揮できるってことです!

それだけでもやる価値はあるし「筋力の最大量」を上げる事で「今の自分より120%も150%も強くなれる」それが筋トレする魅力ですね \(*^▽^*)/

 

 

 

しかし「実践に勝るトレーニングは無い」と心得ておいてください!

腕相撲は使う筋肉が特殊なので実践で鍛えるのが一番手っ取り早いんです!

今回紹介したトレーニングは「特に重要な筋肉を鍛えるために必要なトレーニング」ですが「それ+細かい別の筋肉も必要」だから実践で鍛える必要があると知っておいてください!

おすすめは筋トレをやりつつたまに友人と練習試合するって感じです!

筋トレだけでも「素人」には勝てます

でも、たまに練習試合を入れるだけで「筋トレだけの人」にも勝てるようになります!(筋トレ超ガチ勢に勝つには相当やり込む必要はあるけどねw)

 

俺流腕相撲トレーニング方法

もしも腕相撲をやってくれる友達がいない場合、ジムに通い相手を探す方法もありますが、わざわざその為だけにジムって億劫ですよね!

そこで「木や柱にゴムチューブを巻き付け実践風に鍛える」のをお勧めします!

対人ほどでは無いですが「それに近い効果を得る事が出来ますよ!」

デメリットは見られると恥ずかしいコトとちょっと寂しいことですw

 

このトレーニングは強度はあまりない分、回数をこなせるので「小さくて必要な筋肉を効率的に鍛えられます!」

大きい筋肉は「高負荷低回数」が理想ですが、小さい筋肉は「低負荷高回数」がいいんです!

 

腕相撲が強くなるために覚えておきたいこと

 

腕相撲がどのようなモノなのかしっかり理解することが大切です!

絶対に負けないためには知っておくべきことがあります。

これはかなり盲点なので意識している人は少ないです。

故に「意識できるだけ」大幅に他人を出し抜くことが出来てしまいます!

 

アームレスリングと腕相撲の違いを理解する

 

僕たちがやるのはあくまでも「腕相撲」という事を理解しましょう!

大きく違うのは腕相撲は「野良試合」という点です!

 

アームレスリングは

・試合日程が決まっていて調整する期間がある

・公平なしっかりした審判がついている

・競技用のお互いが平等になる台を使って試合をする

 

のに対して腕相撲はかなり適当です!

・試合が決まるのはその場のノリ(いつ戦うか予想できない)

・ジャッジは素人の友人や周りの人

・場所は斜めのテーブルやサイズ間の合ってないテーブルなことも

 

「不安定な要素」がアームレスリングよりも多いことが一番の特徴です!

つまり毎回イレギュラーな試合になるのです!

「力の発揮しにくいテーブル」を使うこともあれば、審判が素人なので「バレない程度に相手がズル」をしてくる場合もあります!

「睡眠不足の時に挑まれる」ことだってあります!

そういった「野良試合」をすることを頭に入れておけばその場に合った「最善の策を探す余裕」が出来ますよね!

あまりにも不利な状況なら強者でも負ける可能性は高くなります!

そういった状況なら回避し、無駄な負けを生み出さない選択もできるようになります!

勝つための工夫ができることに、気付けるか気付けないかは本当にデカいです!

 

例えばですけど「相手に不意打ちされたとき」って、力を入れる前にあっさり負けますよね?

でも「不意打ちしてくるかもしれない」と意識していれば「あ、本当にやってきた!意識していたから何とか耐えられた」となります!

これで「イレギュラーを想定してなければ負けていた試合」を勝ち星に出来ましたね(^ー^)ノ

実際この感じの負け方は多いし、相手が本当にズルくても「負けた事実」は変わらないので言い訳が凄くダサくえてしまいます!

 

せっかく鍛えたのに「予想外の不意打ち」なんかで負けたら夜も寝れませんからねm(。≧Д≦。)m

 

知るだけで腕相撲が今より強くなれるテクニック

 

・腕と体を近づける(顔を近づけ握っている手を見るのがコツです)

・勝負と同時に手首を内側に曲げる

・相手の親指を深く握る

・腕だけじゃなくて体ごと倒れる(背筋で固定するイメージ)

・トップロールをマスターする(力点、作用点も理解したほうが強くなる)

 

これらを意識するだけで格段に強くなれます!

コツを掴むと無駄に力も使わないので「フィジカルで大幅な差が無い限り」勝ち続ける事が出来るでしょう!

 

腕相撲と筋トレは男のロマン

 

腕相撲が強いのは男のロマンです!

筋トレだって腕相撲で勝つためなら頑張れますよね!

何気ない勝負で勝てるとめちゃめちゃ自信がつきますし、快感が凄いです!

男なら絶対に強くあるべきだと断言します!

 

これを機にあなたも腕相撲強くなって周りの人間を驚かせちゃいましょう!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!

1つビッグニュースがあります!

恋愛専門家ナナシ

お、なんだなんだ?

彼女の作り方が知りたい男性

実はこのブログには僕の5年間の筋トレ生活から見つけ出した「この世で最も楽して細マッチョを手に入れる方法」をレクチャーした記事があります。

きっとあなたの人生を大きく変えてくれるはずだから紹介するね!

恋愛専門家ナナシ

特に僕と同じく、根はサボるのが好きで「筋トレは極力したくないけど、モテる肉体は欲しい」というワガママな男性は是非読んでみて下さい!(ビフォー・アフターの画像付きで初心者向けに丁寧に解説してます。)

関連記事:【痩せれば男はモテる!】ダイエット成功画像有り!楽して痩せる方法

※期間限定公開です!興味ある方は削除する前に読んで下さい。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
恋愛専門家ナナシ
恋愛専門家のナナシです。 ブログを通して、彼女の作り方を教えていきます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です